治療生活を始める
バイアグラ通販で始めるED治療生活   >  通販のデメリット

通販のデメリット

通販のデメリット

バイアグラは通販で購入すると、多くのメリットが存在します。そもそも薬局で購入するか通販で購入するかの2択しかありませんので、バイアグラを購入するにあたりそれほど購入方法に迷うことはないでしょう。

通販のメリットとしては安価であるという点と処方せんが必要ない点、無駄な時間を使う必要がない(時間の節約になる)点などがありますが、デメリットも存在します。こちらでは通販のデメリットを紹介していきます。

バイアグラを通販で購入するときの一番のデメリットと言えば、バイアグラ錠剤が本物か偽物かとう疑いを持たなければならない点でしょう。インターネットには多くの偽物バイアグラが蔓延している事実があります。

(日本の大手製薬会社である4社がインターネット上のED治療薬を実際に購入して調べてみたところ2016年の最新版では4割強が偽物であることが分かっています。これは2008〜2009年に調べた時は偽物ED治療薬が6割あったことから、偽物の割合は減ってきてはいるのですが、その分関税で止められるED治療薬は10年前の100倍の件数になっている報告もあります。)

上記のように、バイアグラの偽物が紛れ込んでいる可能性も否定できないため、信頼のおけるサイトを利用していない場合においては偽物のリスクというデメリットがあります。

次に、処方せんの不必要な点についてです。処方せんとは医師が患者の体を診断し、その患者にあった分量を記載した物になるため、処方せんを必要としないということは医師からの適切な分量を得ることができないというデメリットがあるのではないか?問うことになりますが、それはもんだいありません。通販で購入しても薬局で購入してもミリ単位ではかれる粉状の薬が来る訳ではなく、錠剤できますので結局自分の身体に合う量を自分で調節する必要がでてきます。