治療生活を始める
バイアグラ通販で始めるED治療生活   >  バイアグラデメリット

バイアグラデメリット

デメリットである副作用

バイアグラはED治療において、とても効果的なED治療薬の1つになります。バイアグラ・レビトラ・シアリス・ステンドラとED治療薬が次々に開発されていますが、その中で最も早く開発販売されたのがバイアグラになります。一番古い治療薬であるとも言え、歴史は深いがほかのED治療薬よりも多少デメリットが存在します。

なぜバイアグラにデメリットが存在するかというと、バイアグラの次に開発されたレビトラやシアリス、ステンドラがバイアグラをベースに考えて研究され販売したからです。先に販売されているバイアグラをより改良し、バイアグラのデメリットを修正して開発されたため、他のED治療薬よりも衰えているデメリットが存在するのです。

デメリットの中でも一番気にかけたいことが副作用の発症率になります。ED治療薬は有効成分は違えど作用の仕方に変わりがない為、副作用が発症すればどのED治療薬も同じ症状が出る可能性があるのですが、その発症率に差があります。バイアグラはED治療薬の中でも飛び抜けて発症率が高く、その確率は9割になります。

また、もう1つのデメリットとして食事の影響を受けやすいということもあげられます。バイアグラは食事の影響も完全に受けるので、食後の胃に物が入っている状態で服用すれば、ほぼ10割の確率で効果を得ることができないでしょう。他のED治療薬が食事の影響に多少の抵抗力をつけている中、バイアグラは完全に食事の影響を受けてしまうので、服用するときに、何かとタイミングを選ぶ必要がでてきて使いづらいというデメリットもあります。

他と比べると効果の持続時間も短かいので、先に服用しておくといったこともできず、何かと不便がおおいです。